スポンサーサイト

      続きを読む 
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    <FNSドキュメンタリー大賞>鷹匠 私の生きる道<フジバラナイト SAT> 20151212

    タカやハヤブサを自在に操り、小学5年生の時に「鷹匠」に認定された女性が短大を卒業。“現代の鷹匠"として何ができるかを模索する20歳の女性に密着した。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>リオ、そして東京へ~車輪のアスリート 廣道純 20151129

    障がい者スポーツの最高峰パラリンピックに4回連続出場。過去2回メダルも獲得し、日本初のプロ車いすアスリートとして活躍する廣道純に16年間に渡り密着した。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>まちかんてぃ~戦場の子ども達 学校へ行く~ 20151125

    70年待ち続けた学校へ通う夢を叶えたおじいちゃん、おばあちゃんたちの涙と笑いの学園奮闘記!...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>電気・ガス・水道料金ゼロ テンダーの思い 20151122

    鹿児島の山里で電気ガス水道を契約せずに独自の術で暮らす“テンダー"こと小崎悠太。彼のライフスタイルを通して、今日本が対峙すべきエネルギーや食糧問題を考える。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>笑顔咲く故郷で~山里の小さな介護宿~<Wナイト> 20151118

    木城町中之又にある有料老人ホーム「かぐら宿」。人口わずか56人の小さな集落にある小さな小さな介護施設の温かく人情あふれる物語 木城町中之又は美しい自然と山の文化が残る静かな山里。昭和30年代には約800人いた住民も、激しい過疎化と高齢化により、現在はわずか56人に減少。高齢化率70%をこえる限界集落です。中之又に3年前、高齢者介護施設がオープンしました。「介護ホームかぐら宿」。「かぐら宿」は1人の女性の故郷を...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 紗理那とめざした日本一~信愛バレー部 3年間の記録 20151115

    現在NECに所属するバレーボール全日本代表の古賀紗理那選手(19)。ケガや仲間との喧嘩、様々な壁にぶつかりながらも夢を追いかけ続けた彼女の高校3年間に密着した。...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 ネコの楽園と呼ばれて・・・おいらの島に観光客がやって来た フジバラナイト FRI 20151113

    瀬戸内の小さな島に起きたネコブーム。十数人の島民と100匹を超えるネコたちの暮らしに変化が…。 愛媛県大洲市長浜町の沖合に浮かぶ青島。人口わずか16人の小さな島に100匹を超えるネコが暮らしていることから、「ネコの楽園」と呼ばれ全国から観光客が訪れるようになった。押し寄せる人々に戸惑いながらも歓迎し受け入れる島民。しかし、脚光を浴びる一方で、高齢化が急速に進む島では厳しい現実が浮き彫りになっていく。瀬戸...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 五島のトラさん~父親と家族の22年~ 20151108

    新上五島町でうどんの製麺業を営む犬塚虎夫さん。子どもたちは毎朝5時に起きて家業を手伝う。手伝いは子育ての一環。取材から22年。7人の子どもはどのように育ったのか...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 高知からシネマ・ルネサンス~であい、移住、新たなカタチ~ Wナイト 20151104

    映画の撮影をきっかけに高知に魅了され、移住までした映画監督の安藤桃子さん。高知に新しい映画文化をと、日々挑戦を続ける彼女を追った。 高知に惚れ込み、移住までした、映画監督の安藤桃子さん。高知に新しい映画文化を広めたいと高知市の城西公園に期間限定の「特設映画館」を造ることになった。父で、俳優の奥田瑛二さんや高知市をはじめ、多くの県民の協力を得ながら作り上げた特設映画館には、閉館した映画館に眠ってい...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>日本の片隅で平和を叫ぶ~山陰空襲を知っていますか… 20151025

    太平洋戦争中、人口の少ない山陰地方で3大列車空襲の一つ大山口列車空襲があった。なぜ山陰が狙われたのか。リミットが迫る被災者の声を集め、未来に語り継ぐ。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>よみちにひはくれない若き”俳優介護士”の挑戦 20151024

    日本が抱える深刻な問題である認知症介護。「演劇」という手法で介護に新しい風を吹き込もうとする若き介護福祉士とその仲間たちの姿を通じて介護の「これから」を考える。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>私がここに来た理由“地方創生”担い手たち 20151023

    「地域おこし協力隊」…6年前にスタートした国の事業。隊員たちは、一体どのような活動をしていて、地域ではどう受け止められているのか?3人の協力隊員を取材した...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>町を継ぐ<フジバラナイト FRI> 20151016

    第24回FNSドキュメンタリー大賞参加作品。父の死をきっかけに、ふるさと秋田県井川町に戻り新町長となった斎藤多聞町長に密着。決断から100日を追った。...  続きを読む 

    落合くん(27)の“おたカラ"~石巻で見つけた福祉のカタチ~ 20151014

    被災地に広がる「生活不活発病」と向き合う落合孝行さん(27)。彼は島根県奥出雲町役場を辞め、石巻市のデイサービス施設に転職。原点には、おばあちゃんの死があった… 石巻市河北地区で、デイサービス施設を運営する一般社団法人「りぷらす」。ボランティアとして被災地で活動していた理学療法士の橋本大吾さん(34)が、被災地で蔓延する生活不活発病の解消には、ボランティアの範疇では支援しきれない事に気づき、2年前に立ちあ...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>遺骨のゆくえ~孤立社会の道しるべ~ 20151009

    富山県高岡市の大法寺には、毎週のように「ゆうパック」であるものが送られてくる。 箱の中には「遺骨」。なぜ遺骨たちは行き場を失ったのか?遺骨から社会を見つめる。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>天に上がった芽~芽ぶき職人・松澤朋典~<Wナイト> 20151007

    小谷村に住む、茅ぶき職人、松澤朋典さん(36歳)の仕事ぶりをおよそ半年間追ったドキュメント。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>患者の死と医師の生き方<Tナイト> 20151006

    「希望する場所で人生の最期を迎えたい」。そう願う患者のため、病気そして死と向き合い奮闘する医師が上越市にいる。医師や患者家族の日々から見えてくるものとは。 「住み慣れた自宅や地域で人生の最期を迎えたい」 そう願う患者の望みを叶えようと奮闘する医師が上越市にいる。平原克己さんだ。これまで200人近くを在宅で看取ってきた。 高齢化が進み、限界に近づく病床数。国も在宅医療を推進しているが、病院で亡くなる人は...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>ずっとあなたたちと共に~原発被災地の選択~ 20151005

    福島第一原発がある福島県大熊町。原発事故に伴う除染廃棄物の保管施設の建設を巡り、地権者は大切な土地を手放すのか?選択を迫られている。苦悩する地権者の今を追った。 ずっとあなたたちと共に~原発被災地の選択~ 福島第一原発の事故に伴い除染作業で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設。国は用地確保のため地権者と交渉を続けている。地権者の1人、木村紀夫さんは、土地は絶対に手放さないと話す。木村さんは震災で父と妻...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>川柳人 鶴彬~今に伝わるメッセージ~ 20151002

    今年で戦後70年。悲惨な歴史を繰り返さないための教訓を、石川県かほく市出身、鶴彬の川柳と生きざまから学ぶ。 戦前、日本が軍国主義に染まる中、平和を訴え続けたかほく市出身の川柳作家がいます。鶴彬(つるあきら)がその人。彼は言論弾圧で逮捕され、29歳の若さで獄中死しました。でも、かほく市に墓はありません。ふるさとで眠ることすら許されない“非国民"とされたからです。昭和に入り、世の中が軍国主義一色となる中、...  続きを読む 

    夕日を釣り上げた男~加茂水族館クラゲ館長の決断~ 20150923

    今や人気観光スポットとなった「加茂水族館」。しかしクラゲに出会うまでは閉館の危機にも。その危機を乗り切った前館長・村上龍男さんの激闘と決断の歴史を紐解いていく。 クラゲに特化した展示で世界一と称される鶴岡市立加茂水族館。その立役者・村上龍男館長の長年の夢だった新館が平成26年6月にリニューアルオープン。山形県屈指の観光スポットになったのを見届けた平成27年3月、村上館長は退任した。加茂水族館の賑わいは...  続きを読む 

    異人館の“きせき"~海の見える喫茶店の防潮堤をめぐる4年間~ 20150909

    岩手県宮古市の海の見える喫茶店「異人館」。命を守る防潮堤と故郷の景観をめぐって複雑な思いを抱える喫茶店のマスターを通して、人々の海に対する思いを伝える。 岩手県宮古市の宮古湾の岸辺にたたずむ喫茶店「異人館」。穏やかな日には、まるで海に浮かぶ船の中からのんびり外を眺めているかのような景色が広がり、訪れる客の心を和ませている。異人館は東日本大震災の津波で半壊したものの、復活を望む多くの声にマ...  続きを読む 

    結 yui広島土砂災害が教えてくれたこと 20150904

    2014年8月20日、広島市を突如として襲った土砂災害。災害発生直後から自分たちの力で災害を乗り越えようとする住民たち。彼らを支えたのは、人との結びつきでした。 2014年8月20日。広島市を突如として襲った未曾有の土砂災害。土石流は一瞬にして74人の命を奪いました。広島市安佐南区の緑井や八木地区をはじめ、被害にあった地域では、一夜にしていつもの故郷はその姿を変えていました。 広島市安佐南区緑井のお好み焼き「う...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>いのちの重さを問う~検察を動かした7万人署名~ 20150830

    2014年7月小樽で起きた海水浴帰りの4人の女性が死傷した飲酒ひき逃げ事件。立ちはだかった法の壁と闘った被害者の遺族が問いかける命の重さとは...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>つなぎ手~週3日の平和資料館~<Wナイト> 20150826

    焦土と化した日本。本土空襲から70年が経過し、体験者から話を聞くことも難しくなっている。いま私たちに何ができるのか。静岡空襲を、小さな資料館を通して考える。 「ワールドカップバレーボール2015女子 日本×ケニア」延長の際、放送時間繰り下げ、または休止の場合あり。 6月20日。この日を覚えている人がどれだけいるだろうか。静岡の街に10万発余の焼夷弾が降った「静岡空襲」。あれから70年が経ち、その記憶は薄れつ...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>煙幕の下で~軍都の記憶~<Wナイト> 20150715

    長崎に投下された原爆、その第一目標は小倉だった。当日、八幡で張られた煙幕が原因ではないのか…70年間苦悩を続けた男性がいた。煙幕が何を変えたのか、その真実に迫る...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>先生のいないようちえん<Wナイト> 20150708

    ある幼稚園に1年間密着しました。ちいさな子どもたちに、とんでもない強さ・逞しさがあることが分かりました。さあ、私たち大人は、どのように向き合いましょうか! 【ナレーター】 坂井真紀 名古屋市天白区の相生山に立つ、「風の子幼児園」。ここに通う3歳から6歳の子どもたちは、まさに風のように生活しています。時間割が一切ないので、何をするのも自由。園の敷地である広大な里山で思い思いに遊びながら、包丁をつかって調...  続きを読む 

    ザ・ドキュメント 想いを伝えて~阪神淡路大震災・父子が歩んだ20年~ 20150701

    ある家族の20年から、「生きる」ということ、「伝える」ことの意味に迫る番組です。 ザ・ドキュメント 想いを伝えて~阪神淡路大震災・父子が歩んだ20年~ 関西テレビは『想いをたずねて~6430人 いのちの記録』(2000年1月16日放送)で、伴侶を失った父親が迷いながら中学1年と小学6年の兄弟の子育てに取り組むある家族を中心に取材し、平穏だった日常を地震に奪われた人々に「想い」をたずねるドキュメンタリー番組を放送しま...  続きを読む 

    東京 子育て 働く母~子育て小国 女たちの選択~ 20150701

    東京の出生率は全国最低の「1.13」(2013年)この数字の向こう側にあったのは信じ難い実態…「産まない」のではなく「産めない」街、東京の現実だった。  東京の“出生率"は全国最低の「1.13」(2013年)。一方で“婚姻率"は全国1位…つまり東京は、「結婚はしても子供は産まない街」。出生率「1.13」…この数字の向こう側にあったのは信じがたい実態。6人の定員に、応募180人という保育園、出産をきっかけに「育児を優先して」と退職を...  続きを読む 

    決定!第23回FNSドキュメンタリー大賞 20150103

    第23回FNSドキュメンタリー大賞各賞の受賞作品を紹介。大賞に輝いたフジテレビ制作『刹那を生きる女たち 最後のセーフティーネット』を全編ノーカットで放送 【大賞】 フジテレビ制作『刹那を生きる女たち 最後のセーフティーネット』 【優秀賞】 テレビ西日本制作『終の現実』 【特別賞】 沖縄テレビ制作『沈黙を破る時~封印された墜落の記憶~』  さくらんぼテレビ制作『ここに花は咲いて~若年性認知症 介護と...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>ARITAを紡ぐ男たち<フジバラナイト FRI> 20141219

    有田焼で知られる佐賀県有田町。長引く窯業界の不況を打破しようと、フランスのシェフとのコラボレーションなど、世界に売り込める焼き物作りに挑戦する人たちを追った。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>同じ苦しみ、同じ願い<Tナイト> 20141216

    鹿児島の特定失踪者家族へのインタビューと、拉致被害者以外にも北朝鮮に拉致されかけた人々がいることを伺わせる新証言を中心に、特定失踪者問題の今を伝える。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>刹那を生きる女たち最後のセーフティーネット 20141129

    「女性の貧困」が深刻な今、可視化されない貧困層がいる。不運な境遇で育ち、貧困を隠しながら生き延びる3人の女性。彼女たちを支える第三者の存在があった…...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>沈黙を破る時~封印された墜落の記憶~<フジバラナ… 20141128

    沖縄県うるま市川崎には、長い間、封印されてきた米軍機墜落事故の悲しい記憶がある。事故から半世紀あまり、沈黙が破られる時、人々は何を語るのか。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>祈りの海 20141123

    ...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>ふるさとの山に生きる<フジバラナイト SAT> 20141108

    “九州の屋根"くじゅう連山。「九重(くじゅう)の自然を守る会」に所属する3人の男性を追いながら、自然を守る事とはどういうことなのかを探る。 大分県の南西部、標高1,700m超の火山が連なる“九州の屋根"くじゅう連山。火山性の広い裾野を持つなだらかな山岳と、広大な草原性の高原の景観は牧歌的でかつ女性的な美しさが有り、温泉に恵まれた山麓は九州の一大観光地として、年間20万人以上の人々が観光や登山目的で訪れる。 野焼...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>復活!山の百貨店~夕日がくれたもの~ 20141107

    20年ぶりに復活した山里のよろず屋さん。ふるさとの美しい「夕日の風景」をテーマにまちおこしが始まった。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>脱藩、巡礼、負けないチカラ~たとえば あるご当地… 20141105

    高知のご当地アイドル「はちきんガールズ」が東京進出…秘められた戸惑いと不安▽仲間との決別…旅立ちの日に流す少女の涙のわけとは?▽曲がり角を迎えるアイドル戦国時代...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 20141015

    今そこにある命~岡山から移植医療を拓く 国内最多の症例数を誇る岡山大学病院の肺移植チーム。諸外国に比べ、移植医療が定着していない日本で、当たり前の選択肢になる日は来るのか。移植医療の今と未来を考える。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>高橋さんと山田さん~故郷の白秋に生きる~<Mナイ… 20141006

    信仰のあつい町に横たわる無縁の墓。その光景は、過疎化、高齢化、核家族化など地方が抱える深刻な問題を映し出していた。定年を迎えた男達はこの状況にどう向き合うのか。...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 20140924

    霊峰白山の麓に学校や社会で居場所をなくした若者たちが集まるフリースクールがある。スクールを運営する男性の姿を通して、閉塞感漂う現代社会に必要なものを探っていく。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞> 20140905

    信仰のあつい町に横たわる無縁の墓。その光景は、過疎化、高齢化、核家族化など地方が抱える深刻な問題を映し出していた。定年を迎えた男達はこの状況にどう向き合うのか。...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 20140903

    日本一小さな新聞社 社長は11歳 十日町市の1人の少年が作る新聞。病気や不登校などの苦悩を抱えた少年独自の視点で書かれた記事は不思議な魅力に溢れている。少年が新聞制作を通し学び、伝えたいことは。...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 20140827

    富山出身“怪魚ハンター"小塚拓矢が、地球最後の秘境パプアニューギニアを旅する。「手つかず」の秘境と「文明」を行き来する小塚の、リアリティーを追求する旅に密着。...  続きを読む 

    FNSドキュメンタリー大賞 20140823

    検問ゲートがある町 原発事故により大部分が帰還困難区域に指定された大熊町。それでもなお帰還を待ち続ける住民たちがいる。建設計画から50年、原発は地域に何をもたらし何を奪ったのか?...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞> 20140806

    周囲の理解や適した福祉サービスが得られずに苦しむ若年性認知症患者とその家族。彼らの苦悩と支える人々の姿を通し、記憶の限り“人として"生きたいと願うその思いに迫る...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>ジュースプリーズ~親子3代ブドウ農家の挑戦 20140723

    「第23回FNSドキュメンタリー大賞」参加作品。地域の産業振興のため6次産業に挑戦するブドウ農家に密着。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>ようこそ!槌音が響く丘へ~被災女将 笑顔が戻るそ… 20140716

    被災地に再建した笑顔が自慢のホテル。笑顔を失った女性支配人が葛藤や喜びなど様々な表情を見せながら前に進み、自慢の笑顔を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>走る!蹴る!笑う~アンプティサッカー・アフィーレ… 20140709

    事故や病気などで手や足を失った選手が杖を使ってプレーする新しい障害者スポーツ『アンプティサッカー』。切断という障害を乗り越え踏み出した「人生の一歩」に密着した。 走る!蹴る!笑う~アンプティサッカー・アフィーレ広島の1年~  みなさんは「アンプティサッカー」というスポーツを知っていますか?  「アンプティサッカー」とは、事故や病気などで手や足を失った選手が普段身に着けている義手や義足を外して、杖を...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>揺れる原発海峡~27万都市 函館の反乱~ 20140702

    津軽海峡を挟んだ青森県の大間原発の建設差し止めを求めて国などを訴えた函館市…なぜ反乱を起こさなければならなかったのか?背後に見え隠れする国の原発政策の闇を追跡...  続きを読む 

    <FNSドキュメンタリー大賞>家なき人とともに 20140625

    人生の歯車がずれ、家も財産も家族も失ってしまった人がいる。そして彼らに寄り添う男性がいる。人生のやり直しに必要なものは何か。FNSドキュメンタリー大賞参加作品。...  続きを読む 







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。